男性用の香水の選び方

水は、おしゃれなエチケットとして、男性からも人気があります。特に、男性の場合、汗やタバコなどのニオイ対策や、ビジネスシーンやデートの時に、相手に良い印象を与えることができます。

香りは、柑橘系や石鹸などの爽やかな清潔感を与える香りから、ウッディなど落ち着いた深みのある香りなど、年齢に合わせて選ぶことができます。それでは、男性用の香水の選び方を紹介します。自分に合った香水を見つけて、エチケットとして取り入れてみてください。

・香水の種類

香りの強さから、香水の種類を紹介します。

◯パルファム

香水の中で最も香りが強い種類です。香水の濃度は15~30%で、持続時間は5~12時間とかなり長持ちします。パルファムは、どのブランドでも最高級ラインで価格も高く、フォーマルなシーンにおすすめです。また、香りが強いので、香りの変化を楽しめます。

◯オードパルファム

パルファムよりも濃度が1段階薄い種類です。香水の濃度は7~15%で、持続時間は4~6時間程度です。ある程度の強い香りを求める人や、香りを長時間もたせたい人におすすめです。

◯オードトワレ

濃度が5~10%と薄いので、普段使いしやすいタイプです。香りの持続時間は2~5時間程度です。1日中、香り持続させたい場合は、定期的に香水をつける必要があります。ビジネスや普段使いにおすすめです。

〇オーデコロン

香水の中で最も香りが薄い種類です。香水の濃度は2~5%で、持続時間は1~2時間程度です。香りは弱いですが、ふわっと香りが広がる感じで香水をつけたい人や、香水を初めてつける人にもおすすめです。

・シーンに合わせて香水を選ぶ

シーンによって、香水を選ぶことも大切です。例えば、甘い香りが好みでも、ビジネスシーンにはあまり適さないでしょう。清潔感のある爽やかな香りの香水を持っていれば、多くの人に受け入れられて、イメージアップすることができます。そのほか、デート、リラックスタイム、体臭予防など、シーンや目的によって香水を使い分けられるように、いくつか持っておくと良いでしょう。

・年齢を意識して選ぶ

香水を扱うのブランドはたくさんありますが、それぞれがターゲットとしている年齢層が異なることがあります。20代には爽やかな香り、50代には深い大人の香りなど、年齢によって似合う香りは変わってきます。そのため、自分の年齢を考慮して香水を選びましょう。

香りのおしゃれやエチケットとして、日常に香水を取り入れたいけど、値段が高くてなかなか手が出ないという人は「ボディミスト」がおすすめです。ドラッグストアやコンビニでも販売されており、価格も安く気軽に手に入ります。

ボディミストはフレグランスアイテムですが、位置づけとしては“スキンケア用品”なので、香りの持続時間は1~2時間と短く、オーデコロンと同じくらいです。香りも柔らかで、ほのかな香りを楽しめます。また、スキンケア用品ということで、肌の乾燥を防ぎ健康的な肌へと導く効果もあります。
SEO対策格安